テーマ:付着防止プラズマコーティング、汚染剥離剤プラズマコーティング。

付着防止コーティング ‐ 布地用付着防止プラズマコーティング‐Openair®プラズマによる複雑な低圧チャンバーの不要化

これまで長年にわたり、布地に強力な疎水性仕上げを施す際には低圧プラズマプロセスが利用されていました。しかし、この加工には複雑なチャンバープロセスが必要となるため、特殊な工業用織物以外には、この種の付着防止プラズマコーティングは施されていませんでした。
non-stick plasma coating
Openair®プラズマとPlasmaPlus®を利用すれば、大気条件下でプラズマコーティングを施すことができます。それにより、例えば連続製造プロセスにおいて、インラインで付着防止コーティングを施すことが可能となります。その際、チャンバーシステムを別途使用する必要はありません。
この技術を利用すれば、多くの用途に革命をもたらすことができます。例えば、大規模クリーニング装置内で、疎水仕上げを直接行うことができるようになります。

メインテーマに戻る 織物の機能化

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

Glasstec 2016
Glasstec 2016
International Trade Fair for Glass Processing, Production and Products

2016年9月20日(火)~23日(金)
Hall 11, Booth G46
Düsseldorf, Germany

Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Language