テーマ:抗菌性ナノコーティング。布地の酸化チタンコーティング。酸化チタンを用いたプラズマコーティング。

酸化チタンを用いたプラズマコーティングによる長期安定性を備えた抗菌性布地

手術室用リンネル製品には、滅菌処理を施さなければなりません。また同時に、細菌の増殖を防止する長期持続性を備えた抗菌作用を備えた仕上げを施すことが望ましいと考えられています。現在は、酸化チタンを含有する懸濁液を用いて、この仕上げ加工を行っています。
PlasmaPlus®ナノコーティングを利用すれば、極めて効果的なインラインプロセスを用いて、プラズマプロセスに酸化チタン懸濁液を高精度で添加することにより、布地に上記のコーティングを施すことができます。プラズマジェットは、織物表面をクリーニングすると同時に、抗菌性懸濁液のナノ層を繊維に付着させます。
このプロセスを利用すれば、長期安定性と抗菌性を備えた極めて効果的かつ経済的な機能性層を布地に付着させることができます。

メインテーマに戻る 織物の機能化

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Material World Osaka 2016
Highly-functional Material World, Osaka 2016

2016年10月5日(水)~7日(金)
Hall 6, Booth A-S-488
Intex Osaka, Japan

Language