テーマ:品質改良剤の除去。糊の除去。プラズマ脱糊加工。

Openair®プラズマによる品質改良剤の除去と脱糊加工‐優れた効率性、環境への配慮

繊維業界における高性能製造プロセスでは、糊の使用が不可欠です。繊維に糊付処理を施すことにより、光沢が増し、耐久性が強化され、ウィーヴィングやタフティングによる機械応力に耐えることが可能な最高レベルの仕上げを施すことなどが可能となります。
一方、この糊付処理こそが、その後の糸や繊維の加工に極めて有害な影響を及ぼす要因となることが明らかになっています。糊は疎水性を備えており、染色プロセス時に濡れ性を高めることが難しく、したがって糸や繊維へのカラーボンディングを妨げます。
樹脂に繊維を埋め込み、繊維強化複合材を製造する際には、糊を効果的に除去しない限り、樹脂と繊維に高品質の接合処理を施すことはできません。
Openair®プラズマ技術は、その物理的効果、化学的効果、熱的効果を利用し、糸から糊や品質改良剤を効率良く取り除く最適なプロセスを実現しています。またこのプロセスでは繊維を物理的に損傷することがありません。さらに(最も重要な要素として)環境に配慮した方法を採用しています。

メインテーマに戻る 糸の仕上げ加工

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

parts2clean
Leading International Trade Fair for Industrial Parts and Surface Cleaning

2016年5月31日(火)~6月2日(木)
Hall 5, Booth E19
Messegelände Stuttgart, Germany

DRUPA

2016年5月31日(火)~6月10日(金)
Hall 11, Booth D29
Düsseldorf Fairgrounds , Germany

Language