テーマ:糸のプラズマコーティング。布地繊維のプラズマ重合、ナノコーティング。ポリマー繊維の難燃性コーティング。

PlasmaPlus®を用いた布地ポリマー繊維の革新的な「ガラス状」難燃性仕上げ加工

PlasmaPlus®によるプラズマ重合は、糸の表面に機能性ナノ層を添加する極めて効果的なプロセスです。使用する前駆物質に応じてこの層を調整し、親水性または疎水性にすることができます。布地の機能化に関連する用途の一つとして、難燃性コーティングがあげられます。
フランスの研究機関CREPIM(Centre de Recherche et d’Etude sur les Procédés d’Ignifugation des Matériaux)では、プラズマ重合による布地の難燃効果に関する幅広い研究を行っています。極めて薄いガラス状の層をコーティングしただけでも、コーティングが無機性を備えているため、ポリマー繊維の可燃性は大幅に減少します。

パートナーと事例紹介

CREPIM

火災予防の新技術

フランスのCREPIM Instituteは、火災予防規定の対象となる、あらゆる産業に使われる難燃性素材の研究に力を入れています。試験所ではPlasmaPlus® ポリマー化を用いて、異なる性質の基板の火災における作用を改善させる研究を行っています。

事例紹介を読む

メインテーマに戻る 糸の仕上げ加工

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

Glasstec 2016
Glasstec 2016
International Trade Fair for Glass Processing, Production and Products

2016年9月20日(火)~23日(金)
Hall 11, Booth G46
Düsseldorf, Germany

Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Language