テーマ:大気圧プラズマによるフィルタの製造。フィルタのシーリング。環境に配慮した シーリング複合材

テクニカルポリマーフィルタ:膜・フィルタエンドキャップを確実に接合し、漏洩を防止

ほとんどの工業用フィルタの製造では、不織布モノフィラメント/マルチフィラメントフィルタ材料以外は使用していません。このフィルタ材料は、ポリプロピレン、ポリアミド、ポリエステルなどのプラスチックとポリマー含浸紙を原料としています。この材料を加工してフィルタ膜を製造した後には、必ずフィルタエンドキャップに設置してシーリング処理を施さなければなりません。しかし、この種のプラスチックは疎水性であるため、確実に接合し、漏洩を防止するのは難しい課題となってます。漏洩が生じるということは、膜に穿孔が生じていることを示唆しており、したがってフィルタ膜を使用することはできなくなります。
 Technical polymer filters
 Secure sealing of polymer filter end caps
Openair®プラズマを利用すれば、この問題を効率良く解決することができます。膜・ポリマーフィルタエンドキャップをともに一体型インラインプラズマプロセスを用いて前処理した後、フィルタシーリング複合材を用いて接続します。プラズマ前処理により、ポリマーフィルタ材料の接着機能を効果的に強化し、シーリング加工中に円滑かつ確実に接合します。それにより高品質フィルタを製造することができます。

パートナーと事例紹介

WEVO-CHEMIE

フィルター部分での信頼できる接着

フィルター業界で特に求められていることの一つに、フィルターのエンドキャップ部分の接着があります。この部分は非常に厳しい条件下での運転、例えば約150℃で断続的にオイル接触があるような場合にも良好な接着が必要です。

事例紹介を読む

メインテーマに戻る 織物/工業用不織布

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

Glasstec 2016
Glasstec 2016
International Trade Fair for Glass Processing, Production and Products

2016年9月20日(火)~23日(金)
Hall 11, Booth G46
Düsseldorf, Germany

Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Language