テーマ:化学薬品を使用しない工業用織物の親水化処理。吸収性不織布・不織布マットの親水化処理。

吸収性不織布・不織布マット:グロープラズマを用いた親水化処理により、化学薬品を使用せずに優れた吸収性を実現

子供用おむつや生理用ナプキンなどに使用される工業用不織布材料や不織布マット(バッテリー酸用など)には、長期間安定性を維持する親水化仕上げを施す必要があります。一般には、表面全体に化学湿潤剤を浸透させることにより、この仕上げを行います。しかし湿潤剤が赤ちゃんの肌や体液に接触すると、炎症や肌のトラブルが生じることがあります。不織布マットの場合には、湿潤剤がバッテリー液と接触した際に悪影響を与えることがあります。
最近、グロープラズマを用いた処理により、化学湿潤剤を一切使用することなく、不織布材料を完全に親水化することに初めて成功しました。

メインテーマに戻る 織物/工業用不織布

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language