テーマ:布地の親水化処理。染色前の親水化仕上げ。

グロープラズマによる布地の親水化処理 ‐ 布地の彩色堅牢度を長期間維持

繊維・糸からフラットファブリックに至るまで、装置や可染性に関して課せられる要件はどの製品でも同じです。例えば、残留している糊は全て織物を傷つけることなく、効率的に除去しなければなりません。
グロープラズマを利用すれば、Openair®プラズマによる糸の前処理と同じように、織物を効率良く前処理することができます。グロープラズマによる処理を施すと、織物は完全な親水性を備えるようになります(親水化処理)。すなわち表面張力が高まることによって、環境に優しい染料でも、大量に吸収することが可能となるのです。その結果、極めて耐久性に優れ、色あせしない染色が可能となります。この特性は、布地の品質を評価する際に非常に重要な要素となります。

メインテーマに戻る 織物/工業用不織布

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language