テーマ:プレボンディング装置における折り畳み式箱の接着。UVコーティング・ラミネート加工フィルムへの接着。d film.

コーティングを施した折り畳み式段ボール箱の接着:プレボンディング装置におけるOpenair®プラズマ表面処理

現在のカートンパッケージング材は、印刷、仕上げ、切断を施し、折り畳み装置を用いて折りたたんだシートを材料として製造しています。一般には、製造業者がその接着(プレボンディング)処理を行います。そのためには、最高速度600 m/分の高性能プレボンディング装置が必要となります。このプロセスで使用する接着剤(コールドグルー)は、加工を施していないボール紙材料には簡単に直接接着することができますが、すでに品質仕上げを施している材料(UVコーティングやラミネート加工フィルム)の場合には、一般には複雑な機械プロセス(フライス盤、紙ヤスリ、ブラシ)を利用した別の装置を用いて、接着する場所に粗面化を施す必要があります。粗面化を施さない場合には、接着個所にマスキングを施した後に、シーリング加工を行わなければなりません。

Kleben von Faltschachteln

Openair®プラズマ技術を取り入れることにより、プロセスを大幅に簡素化することができます。高速プレボンディング装置にプラズマノズルを直接組み入れ、折り畳み式段ボール箱の接合線部位を前処理します。それにより、表面張力が大幅に強化され、接着が可能となります。一般に使用されているコールドグルーを使用し、コーティング、ワニス、表面シーリングのいずれも接着することができます。

パートナーと事例紹介

BOBST社

表面張力の問題

Bobst社は、折り畳み式段ボール箱、段ボール、可撓性材料の加工分野における機器・サービスの大手サプライヤーです。

事例紹介を読む

メインテーマに戻る ボール紙とコート紙

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

Openair®プラズマテクノロジーの活用で高級折畳み紙器の接着
プラズマ技術が包装業界の問題を解決
Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language