テーマ:太陽光発電所用ソーラー技術におけるプラズマ処理。太陽熱エネルギー。パラボラトラフ型太陽光ミラー、パラボラトラフ型集光装置用の耐腐食性コーティング、プラズマコーティング。

太陽熱エネルギー:太陽光発電所で使用する太陽熱ミラー用の信頼性の高い耐腐食性コーティング

太陽光から集中的なエネルギー生産を行うためには、パラボラトラフ技術に基づき、太陽光を熱に変換します。その中心に位置する太陽光エネルギー発電所では、パラボラ型の大型ミラーを一列に長く並べ、太陽からの放射光を反射し、その焦点における強度を80倍に高めます。各ミラーの中心では熱伝導媒体を加熱し、熱交換器を利用して蒸気を生成します。この蒸気を用いて、従来型の電気タービンを駆動します。またはエネルギーを蓄熱装置に集め、夜間の発電に使用することもできます。
 太陽熱ミラーの耐腐食性コーティングと表面仕上げ
パラボラトラフ型太陽光ミラーは、作動中に厳しい環境条件に曝されます。そのため、太陽光ミラーには保護コーティングを施す必要があります。一方、太陽光エネルギー発電所全体の効率性は、太陽光ミラーの精度と反射光の集光能力によって左右されます。従来型のポリマー耐腐食性コーティングの場合、上記の効果が低下し、それにより効率性が低下します。PlasmaPlus®プロセスによるプラズマコーティングを利用すれば、ほぼ無機質のガラス状コーティング材料を用いて表面全体にナノコーティングを施し、高温でも長期安定性を備えた防食処理を確実に施すことができるため、上記のような問題は生じません。

メインテーマに戻る 太陽光エネルギー

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

parts2clean
Leading International Trade Fair for Industrial Parts and Surface Cleaning

2016年5月31日(火)~6月2日(木)
Hall 5, Booth E19
Messegelände Stuttgart, Germany

DRUPA

2016年5月31日(火)~6月10日(金)
Hall 11, Booth D29
Düsseldorf Fairgrounds , Germany

Language