テーマ:気体プラズマの形成による接点のクリーニング。プラズマクリーニングによる脱酸素。バッテリー・燃料電池の接点のクリーニング。

フォーミングガスプラズマの形成による燃料電池・バッテリーの接点の安全なクリーニング

一般にOpenair®プラズマシステムでは、圧縮空気をアシストガスとしてプラズマを供給します。しかし、表面から酸化層を除去する必要がある場合には、必要な機能成分と気体の混合ガスにアシストガスが置き換わってしまい、効果を妨げてしまいます。窒素と水素を混合して形成したガスは、この種のプラズマクリーニングに非常に適した機能を備えています。水素については、危険性のない、爆発を生じない混合比(5%以下)で供給します。
それにより形成される気体プラズマは、通常のOpenair®プラズマとは全く異なる特性を備えています。材料の表面に酸素を取り込む代わりに、プラズマ処理により酸素を確実に除去します。酸化レベルが高い銅表面であっても、短時間で酸化層を除去することができます。この方法によるプラズマクリーニングを利用すれば、接点のクリーニングを安全に行うことが可能となり、したがって燃料電池やバッテリーにとって極めて重要となるはんだ付けプロセスやコーティングプロセスを確実に再現することができます。

メインテーマに戻る EV/FCV

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

Glasstec 2016
Glasstec 2016
International Trade Fair for Glass Processing, Production and Products

2016年9月20日(火)~23日(金)
Hall 11, Booth G46
Düsseldorf, Germany

Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Language