テーマ:医療用フィルタの成形。フィルタ膜のプラズマ改質。

医療用フィルタの効率的な製造:血液フィルタや酸素供給機の安全な成形。

医療用フィルタ膜は、使用目的に最も適した透過特性と優れた効率性を備えていなければなりません。この種のフィルタ膜の多くは、房状キャピラリーを材料として製造されています。膜が安全に機能を発揮するためには、その種類を問わず、穿孔が生じるのを防がなければなりません。特に、製造中に膜をフィルタエンドプレートに設置し、確実にシーリング処理を施す必要があります。
膜は疎水性を備えているため、確実に接着するためには、接着する個所に適切な表面改質処理を施さなければなりません。Openair®プラズマは、これまで長年にわたり、この特殊な医療技術用途において優れた性能を発揮することが実証されています。この技術を利用すれば、膜の疎水性表面において、次の工程でフィルタエンドプレートに設置する場所に正確に前処理を施すことができます。
それにより、安全な処理を施した高品質医療用フィルタを製造することができます。

メインテーマに戻る 医療用技術

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

医療技術: 安定した、そして毒性のないコーティングをインラインで作り出す
医療技術: 寸分違わぬ機能的ナノコーティング
医療技術分野で活用されるPlasmaPlus®: バクテリアからのバリアと保護
Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Material World Osaka 2016
Highly-functional Material World, Osaka 2016

2016年10月5日(水)~7日(金)
Hall 6, Booth A-S-488
Intex Osaka, Japan

Language