テーマ:プラスチックの機能性コーティング。医療技術コンポーネントのナノコーティングとプラズマコーティング。プラズマによる親水化処理。

実験技術におけるOpenair®プラズマ‐プラスチックの機能性コーティングの最適化、ペトリ皿の親水化処理。

細菌の発生や各種微生物の増殖は、酸素濃度や表面の湿潤性と特に強い関係があります。したがって実験医学においては、無極性プラスチックの表面を効果的に前処理することが極めて重要となります。プラズマプロセスを利用すれば、実験室における技術プロセス用として最も適した、さまざまな条件の表面を生成することができます。
Funktionsbeschichtung bei Petrieschalen
Openair®プラズマを用いてペトリ皿を処理することにより、表面の親水性を高めることができます。またPlasmaPlus®プロセスを補助として利用すれば、極めて薄いガラス状ナノコーティングを施すことができます。
プラズマには、さまざまな条件を指定することが可能です。そのためターゲットを絞り込んだ表面組成の制御が可能となり、したがって生体組織工学や細胞培養に関する条件を個別に調整することができます。

メインテーマに戻る 医療用技術

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

医療技術: 安定した、そして毒性のないコーティングをインラインで作り出す
医療技術: 寸分違わぬ機能的ナノコーティング
医療技術分野で活用されるPlasmaPlus®: バクテリアからのバリアと保護
Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Material World Osaka 2016
Highly-functional Material World, Osaka 2016

2016年10月5日(水)~7日(金)
Hall 6, Booth A-S-488
Intex Osaka, Japan

Language