テーマ:ワイヤボンディング用プラズマ処理。超微細クリーニング、炭水化物の除去、PCB(リードフレーム)のクリーニング。

確実な接合‐接触面のプラズマクリーニングによる確実なワイヤボンディング

チップを製造(ウェハーをダイスカット)し、分割した後、リードフレームにチップを取り付けてパッケージングを施し、筐体に設置します。集積回路が信頼性の高い機能を発揮するには、チップをリードフレームのリードに確実に接合(ワイヤボンディング)する必要があります。一般には超音波加工によりワイヤボンディングを行います。そのためには、接触面を完璧にクリーニングする必要があります。

 プラズマ活性化により、電子部品とケーブル断熱シースを確実に接着

Openair®プラズマによる乾式超微細クリーニングを利用すれば、汚染物質や炭水化物の残留物を全て確実に除去することができます。それにより確実な接合が可能となり、エラー率を大幅に低下させることができます。

メインテーマに戻る ウェハー/チップ

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

大気圧プラズマで電子部品の封止やダイキャストの接合部を洗浄・活性化
“スキを与えない” - プラズマ処理は電子部品を守ります
Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language