テーマ:抵抗ペーストを用いたサーキットボードのプリント。表面活性化によるインク接合の強化。

Openair®プラズマにより、抵抗ペーストを用いたサーキットボードのプリントを長期間保護

サーキットボードにプリントしたレジスタを確実に接着し、十分な電気特性を確保するためには、コンポーネントの表面張力をインク(この場合には抵抗ペースト)よりも大きくしなければなりません。

Bedruckung Leiterplatteプラズマ処理により、サーキットボード上へのプリントを確実に実施

数年前、Openair®プラズマを利用することにより、上記の条件を満たす表面活性化を達成しました。現在の自動車業界では、安全関連センサーの製造用インラインプロセスに、この技術が取り入れられています。プラズマ処理を利用すれば、最高水準のインクを恒久的に接着することができます。

パートナーと事例紹介

Novotechnik

Openair®プラズマ – 信頼性の高い距離・ポテンショメーターに不可欠な技術

Novotechnik社は、自動車業界向けセンサーや機械製造用センサーの生産量を増やすため、表面処理技術の改革を行いました。それまでの低圧プラズマ・真空チャンバーからインライン型Openair®プラズマに切り替えたことにより、処理能力は3倍に強化されました。

事例紹介を読む

メインテーマに戻る プリント基板

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

プラズマを活用し離陸準備完了 - 航空電子機器のための無線機表面改質技術
ポテンショメーターの導体プレート加工における大気圧プラズマ
低圧プラズマをOpenair®プラズマに替えて
Material World Osaka 2016
Highly-functional Material World, Osaka 2016

2016年10月5日(水)~7日(金)
Hall 6, Booth A-S-488
Intex Osaka, Japan

LED & LIGHTING EXHIBITION 2016
LED & Lighting
12th International LED, Lighting and Interior Electric Installation Exhibition

2016年10月6日(木)~9日(日)
Hall 9, Booth A-140
Istanbul Expo Center (IFM)
Istanbul, Turkey

Language