テーマ: Openair®プラズマ装置を使った電子部品のポテンシャルフリー洗浄と活性化でコンフォーマルコーティングの長期安定接着の品質改善

アビオニクスの品質改善  - Openair®プラズマ処理をしたパーツが バーンインテストに合格

アビオニクスの安全基準の高さは、他の工業製品と比べて群を抜いています。電子基板は様々なテストの他に、バーンインテストに合格しなければなりません。このテストは電子部品の耐久性を測る最も厳しい試験とされており、隠れた不良箇所や連続生産で問題を起こす可能性のあるパーツを見つけ出します。

Leiterplatte Plasmabehandlung電子部品にダメージを与えず処理をする ローテーションノズルから照射されるポテンシャルフリーのプラズマ

航空無線機のプラスチックに覆われた部品は、Openair®プラズマでコンフォーマルコーティングの前処理し、長期間安定した接着を確かなものにするため、バーンインテストを最終的に行います。その結果、非常に敏感な電子部品にもかかわらずプラズマ照射によるダメージは全くなく、むしろ、ポテンシャルフリーであるプラズマ前処理によって、製品の品質改良が見られました。

ファイン洗浄と活性化のダブル効果により、製造工程の短縮とそれに伴う経済効率の良い製造が可能です。

メインテーマに戻る プリント基板

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language