テーマ:デスミア処理。サーキットボードのドリル穴の大気圧プラズマ超微細クリーニング。プラズマ研磨。

プラズマ研磨 ‐ プリント基板のドリル穴のクリーニング
(デスミア処理)の代替技術

ドリル穴のクリーニングは、プリント基板加工において、スルーホールめっき処理前に行われる重要な作業です。これまでは、主に複雑な化学処理や低圧プラズマ処理を用いて、この作業が行われてきましたが、そのためには製造プロセスを中断し、製造ラインから分離したチャンバーシステムを使用しなければなりませんでした。一方、インラインOpenair®プロセスを利用したデスミア処理は、大気条件下で行うことができるため、関連するプロセスを簡素化・短縮することが可能であることに加え、コストを削減することもできます。

インラインにおいてクリーニングを実施したドリル穴インラインにおいてクリーニングを実施したドリル穴

Openair®プロセスは、特に工業用ガスと同時に使用することにより、強力な研磨性を備えたプラズマを生成することができます。それにより、選択性を大幅に強化し、除去率を高めることが可能となります。現在は、この新たなプラズマ技術の初めての実装に向けた準備段階にあります。

メインテーマに戻る プリント基板

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

プラズマを活用し離陸準備完了 - 航空電子機器のための無線機表面改質技術
ポテンショメーターの導体プレート加工における大気圧プラズマ
低圧プラズマをOpenair®プラズマに替えて
Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Material World Osaka 2016
Highly-functional Material World, Osaka 2016

2016年10月5日(水)~7日(金)
Hall 6, Booth A-S-488
Intex Osaka, Japan

Language