テーマ:印刷・コーティング前のプラズマ前処理。複雑な形状を対象とするプラズマ前処理。

正確なドライブと完璧なプレー:ゴルフボールへの印刷・コーティング用プラズマ前処理

ゴルフボールの印刷・コーティング処理は、応用技術としては決して簡単なものではありません。例えば、ゴルフボールが球状であること自体、前処理・印刷中の取扱を難しくする要素となっています。またその表面の構造は複雑であり、防水機能を備えています。さらにゴルフボールを使用するためには、極めて高い機械適応力に耐える能力を備えていなければなりません。表面にほんのわずかな不規則な部分があるだけでボールの性能に影響を与え、ゴルファーによるプレーの精度に狂いが生じる可能性があります。
Openair®プラズマをゴルフボールの製造に利用すれば、ロータリージェットを用いて表面全体を活性化し、コーティングや印刷を完璧に接着させることが可能となります。

メインテーマに戻る スポーツ用品

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

プラズマテクノロジーでスキー界に革命
Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Material World Osaka 2016
Highly-functional Material World, Osaka 2016

2016年10月5日(水)~7日(金)
Hall 6, Booth A-S-488
Intex Osaka, Japan

Language