テーマ:プラズマ活性化による親水化処理。プラズマ親水化処理。

プラズマ前処理を用いた親水化処理による釣り糸の機能を最適化

この用途で利用される例は、実のところ多くはありません。しかし、2種類の媒質を合わせる際に表面張力が与える影響の大きさを示す代表的な例がひとつあります。釣り糸に前処理を施さなければ、釣り糸が常に水面に浮かんでしまい、光の屈折を生じて魚に気づかれてしまいます。
この現象については、ポリマー表面に水滴を落とした際の広がり方によって説明することができます。Openair®プラズマ処理による親水化処理を施した場合、釣り糸の表面張力を72 mN以上に高めることができます。それにより湿潤性が改善され、表面全体に水滴が拡がるようになります。その結果、釣り糸は水面下に沈むようになり、ほぼ見えない状態になります。これで後は、魚が餌に食いつくのを待つだけとなる、というわけです。

メインテーマに戻る スポーツ用品

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

プラズマテクノロジーでスキー界に革命
Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Material World Osaka 2016
Highly-functional Material World, Osaka 2016

2016年10月5日(水)~7日(金)
Hall 6, Booth A-S-488
Intex Osaka, Japan

Language