テーマ:Düstec GmbHのプラズマエッジ。エッジバインディング装置用プラズマジェット。プラズマ技術を用いたエッジバインディング処理による接合線の解消。

プラズマによる接合線の解消‐ Düstec®プロセスによる確実なエッジ加工

最高品質の家具パネルを製造する際の最大の課題の一つとして、接合線を生じることなくエッジ部分を確実に加工することがあげられます。この場合、エッジ部分の継ぎ目が見えないようにしなければなりません。家具パネルに接着剤を塗布した後、エッジバインディング装置を用いて家具のエッジ部分を接合します。従来は、このプロセスにより、接着部に黒ずみが生じていました。それよりも新しいプロセスではレーザー技術を利用していますが、インラインに組み入れるためには安全面で難しい課題が生じることがあり、また装置に関する複雑な工学的作業が必要となることがあります。
プラズマトリート社では、Niemann社、Jowat社、IMA社(エッジ加工装置製造業者)と協力し、接合線を解消する革新的なソリューション「Düstec®プロセス」を開発しました。Düstec®プラズマエッジによる作業では、装置に接着剤を塗布する必要がなく、接着剤の代わりに機能性ポリマー層を利用します。多くの製造業者がこのプラズマプロセスを利用し、さまざまなエッジバインディング加工仕上げを施しています。
エッジバインディング装置による加工中にプラズマを利用し、この機能性ポリマー層を簡単に活性化することができます。したがって、家具パネルにバンドをプレスし、直接接合することができます。このようにして、プラズマエッジを形成します。

プラズマエッジの特徴

  • 家具パネル用として完璧な密封処理
  • 肉眼では確認できない接合部
  • 接着部が存在しないため、耐色性・耐劣化性を長期間維持
  • 優れた耐剥離性、高い熱的安定性
既存の装置にも、コスト効率に優れた方法を用いて簡単に取り入れ可能
レーザー技術とは対照的に、Openair®プラズマは(既存のエッジ接着システムなど)既存の装置に多額の資金を投じることなく、極めて簡単に取り入れることができます。プラズマ技術は、手動式ワークステーションからシンプルなスルーフィード装置、高速装置、二次元機械加工センターまで、あらゆる種類の装置に設置し、組み込むことが可能です。

投資効果の改善‐ レーザーエッジ法と比較したコスト面の長所:

  • 高価なレーザー遮蔽材が不要なため、エッジバインディング材料のコストが低い
  • 特に既存のシステムに組み入れる場合には、投資コストを削減可能
  • 運用コストを削減
  • メンテナンスが容易なため、費用がかさむサービススタッフの人件費を抑えられます

メインテーマに戻る 家具

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

家具作り: プラズマは継ぎ目を作りません
parts2clean
Leading International Trade Fair for Industrial Parts and Surface Cleaning

2016年5月31日(火)~6月2日(木)
Hall 5, Booth E19
Messegelände Stuttgart, Germany

DRUPA

2016年5月31日(火)~6月10日(金)
Hall 11, Booth D29
Düsseldorf Fairgrounds , Germany

Language