テーマ:PPフロント材の光沢処理。WPCパネルのラミネート加工。家具モジュール・PPフロント材の光沢処理時のディンプル形成。

高品質家具パネル ‐ Openair®プラズマによる材料の恒久的なラミネート加工と光沢面接着性の最適化。

高品質家具パネルは、傷防止機能を備えた高光沢ラミネート加工を用いた設計が施されており、またその多くには光沢仕上げが施されています。この層形成プロセス時の接着性は、使用する材料と前処理プロセスによって変化します。
 コーティングブース「Ven Spray Perfect」
 スプレーコーティング装置に直接組み入れたOpenair®プラズマ
Openair®プラズマを利用すれば、表面活性化を精密な制御のもとで行うことができます。それにより、高光沢PPフロント材などの無極性材料を高い精度で加工することができます。この優れた接着性と、極めて均質性に優れた彩色機能により、その後の光沢仕上げを高い品質で施すことができます。したがって、ディンプル形成やピクチャーフレーミング形成など、光沢仕上げにおける欠陥の発生率を大幅に低下させることができます。

メインテーマに戻る 家具

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

家具作り: プラズマは継ぎ目を作りません
Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language