テーマ:ガラスセラミックスのプラズマ前処理。ガラス/金属の接合。ガラス/ステンレス鋼の接合。

オーブンドアのハンドル・ヒンジストリップの接合‐極めて耐久性に優れたガラスとセラミックスの接合

金属にセラミックコーティングガラスを接合する際には、表面の前処理に関する難しい問題が生じます。自動車業界では直接グレイジング処理プロセスに関する経験から、ごくわずかな汚染や埃であっても、接着力の長期安定性を損ね、総合的な故障をもたらす原因となることを遙か以前から学んできました。
金属材料とガラスセラミック材料の双方にOpenair®プラズマ前処理を施すことにより、このプロセスを簡素化し、確実に安定化させ、溶剤を使用した手作業によるクリーニングを不要化することができます。
そのため、製造技術の必要性の観点からは、溶剤を回収するための複雑な吸引装置も不要となるという利点もあります。

メインテーマに戻る 家電製品

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language