ドイツ連邦教育研究省:
自動車の未来 – 軽量構造の新素材コンビネーションとプラズマコーティング

生産プロセスの効率、資源の保護、省エネルギーの軽量デザインに関する要件は増える一方であり、自動車産業にもはや従来の板金では対応しきれない課題を生み出しました。自動車の総重量を減らすため、多くの部品を近代的な軽量デザインで製造しなければなりません。

ドイツ連邦教育研究省が資金援助し、プロジェクト推進者Karlsruheが支援する共同プロジェクトEFFICOATの研究課題は、熱可塑性合成物質でできた塗装可能なクラスA表面を持つと同時に、資源の50%を節減するハイブリッドなモノコック部品の製造です。

共同プロジェクトEFFICOATの現在のプロジェクト提携者は次の通りです: Peguform GmbH、Anchor Lamina GmbH、GWK Gesellschaft Wärme Kältetechnik mbH、KraussMaffei Technologies GmbH、Plasmatreat GmbH、 Technical University of Chemnitz (Institute for General Mechanical Engineering and Plastics Technology)、及び Volkswagen AGです。

取り組み

プラズマトリート社は、前処理やアンテナ、センサー等の板金を本来の位置にはめ込むための、接着力の強いコーティング材の開発に取り組んでいます。この目的のために、PlasmaPlus®プラズマポリマー化技術を用いて、さまざまな金属面にあらゆる前処理塗装を行い、プラスチック素材が鋳造された後、接着力を引張せん断テストにより判断しています。

成果

既に、初期の結果で基板の断裂が見られ、PlasmaPlus®で処理された部品の接着力の強さと、大気圧でのプラズマコーティングの威力を物語っています。生産ラインにPlasmaPlus®による粉末プライマーコーティング処理を組み込むことで、溶媒ベースのプライマーシステムを完全に代替できます。

EFFICOATプロジェクトの結果は、他の部品にも完全に応用可能で、自動車産業その他の産業部門の企業で利用されています。


Federal Ministry of Education and Resarch, Germany
Joint Project EFFICOAT
http://www.effizienzfabrik.de/de/projekte/leichtbau-detail/efficoat/549/

大気圧プラズマ処理で御社製品の可能性をお試しください
プラズマトリートの開発パートナーになりませんか?

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

Glasstec 2016
Glasstec 2016
International Trade Fair for Glass Processing, Production and Products

2016年9月20日(火)~23日(金)
Hall 11, Booth G46
Düsseldorf, Germany

Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Language