CREPIM: PlasmaPlus®コーティングで耐火性能を強化

フランスのブリュエ・ラ・ビュイッシエールにありますCREPIMは、火災予防規定の対象となる素材の評価と認可を行うヨーロッパ有数の試験所で す。国際的に認可されたこの試験所は、建築、電気、織物産業と並び、大量輸送部門の企業のために、防火手段を検査、開発しています。CREPIMの開発部 は、2009年にPlasmatreatのOpenair®プラズマ テクノロジーを導入しました。

アプリケーション

新しい難燃材と防火材の解決策を探究するために、数種類の熱可塑性物質、金属ワイヤー、不織布、建築材、その他の素材に大気圧プラズマ処理を行いました。CREPIMは、活性化とコーティングの両方を行うことで接着力を強化し、基板表面に新しい性質を持たせています。

PlasmaPlus® ポリマー化処理を用います主な目的は、基板の最も外側の表面に施された、粗く薄いコーティングによる防火効果の向上です。多彩な基盤の種類を考慮し、Openair®プラズマ活性化による前処理は、こうしたコーティングの接着力を強化することが要求されます。ペンキや反応型コーティングをはじめとする標準的コーティングとは異なり、PlasmaPlus® 処理を施しました層の厚さは制御され、産業での実用と同様、試験所でも信頼できるという結果が出ました。CREPIMではプラズマ処理された製品が、火災予防規定に準拠するあらゆる産業で使用できるよう、Openair®プラズマテクノロジーの適用を最後まで継続して評価しています。

テストはPlasmatreat試験所の「AS 400」装置で行われます。この装置は、PFW10型プラズマジェットと小型のローテーションノズルを併用しています。ジェットは一体型の3軸ロボットシステムで制御されています。最大幅200mm、10~100 m/分の処理が可能です。

利点

Openair® プラズマにはユーザにとって以下の利点があります:

  • 表面性質の転換 > 疎水性/親水性
  • グローワイヤーテスト(GWFI)の結果、顕著な防火性向上
  • 作業表面のエネルギー促進が容易
  • 化学薬品による事前洗浄処理又は接着プライマーを完全に代替
  • 高速処理と継続処理


CREPIM
Centre de Recherche et d’Etude sur les Procédés d’Ignifugation des Matériaux
www.crepim.fr

大気圧プラズマ処理で御社製品の可能性をお試しください
プラズマトリートの開発パートナーになりませんか?

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

parts2clean
Leading International Trade Fair for Industrial Parts and Surface Cleaning

2016年5月31日(火)~6月2日(木)
Hall 5, Booth E19
Messegelände Stuttgart, Germany

DRUPA

2016年5月31日(火)~6月10日(金)
Hall 11, Booth D29
Düsseldorf Fairgrounds , Germany

Language