Rohde & Schwarz:
アビオニクスおける高品質な前処理

 写真提供:Plasmatreat社
コンフォーマルコーティング前の敏感な
アビオニクス部品へのプラズマ前処理

無線・EMC測定技術と地上デジタルテレビの放送・モニタリング技術において世界でトップシェアを誇り、また長距離航空機向け航空無線システムのメーカーとして、当社は電子製品の加工において最高レベルの安全基準を設けております。

航空無線アンテナ適合器の心臓部は何百ものコンポーネントからなる電子基板です。当社はこの部品の加工においてOpenair®プラズマ装置を導入しました。それは、コンフォーマルコーティングの際に不測の接着不良を起こした時のことでした。ある時原料ジャケットの混合プラスチックの配合が変わっていたため、プラスチックの表面状態が変わり、突然、保護塗料の付着が弱くなりました。

この問題は、プラズマトリート技術の導入ですぐに取り除くことができました。Openair®レンタル装置で初めてテストピースを処理した時から、実用的でポテンシャルフリーであるプラズマが直面している問題解決にふさわしいことがはっきりと分かりました。つまり、非常に敏感な電子部品が、プラズマ照射によるダメージを全く受けないのです。問題があった部品のプラスチック表面に関して言えば、不活性時には30mN/m以下であった表面エネルギーが、プラズマ処理後では70mN/mにまで上昇しました。電子部品のテストとして最も厳しいとされるバーンインテストにも見事に合格しました。

私たちはプラズマトリート社の技術とサービスに非常に満足しています。処理工程に関してもプロセスの安全性と信頼できる監視機能を高く評価しています。この2つの要素と使いやすさから、このシステムの良さに納得しています。Openair®プラズマ装置の導入により、作業工程を減らすことができただけでなく、最短時間で当社製品の品質改良を達成することができました。このプロジェクトはプラズマトリート社とのパートナーシップで大成功となりました。

Rohde & Schwarz Messgerätebau GmbH
Dipl.-Ing. (FH) Michael Schneider
生産技術部


Rohde & Schwarz Messgerätebau GmbH
www.rohde-schwarz.us

大気圧プラズマ処理で御社製品の可能性をお試しください
プラズマトリートの開発パートナーになりませんか?

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Material World Osaka 2016
Highly-functional Material World, Osaka 2016

2016年10月5日(水)~7日(金)
Hall 6, Booth A-S-488
Intex Osaka, Japan

Language