MIELE:
プラズマでドラム式乾燥機の品質を保証

110年以上前にドイツで設立されて以来、ミーレ社は家庭電化製品の世界有数のメーカーとなりました。この会社が製造する幅広い家庭電化製品には、調理器具、オーブン、蒸し器、冷凍冷蔵庫、コーヒーメーカー、食洗機、洗濯機、床手入れ製品と並び、回転式乾燥機も含まれています。回転式乾燥機のプラスチック部品は、高い品質基準を満たすため、シールを挿入する前にOpenair® プラズマで処理されています。

適用例

ヒートポンプ式、コンデンサー式の回転式乾燥機のシールには、使用後何年経過しても、微少な湿気の浸入も許さないほどの密閉性が要求されます。ミーレ社が数年前にヒートポンプ式乾燥機の開発を請け負った際、水分の消失を最低限に抑えることが1つの目標でした。この目標は、気流に晒される部品を個別にシールすることによってのみ、実現されます。包括的な試験所テストと疲労テストの後、メーカーは二液性PUR発泡体の発表を承諾しました。 Openair® プラズマテクノロジーは、計画の諸段階から一連のテストと、シールするプラスチック素材の前処理の実現段階に含められていました。
こうして、プラズマは2つの機能を持つことになりました: 第1に、PP表面はミクロレベルまで洗浄する必要があります。アルカリ安定剤、難燃材、又は発泡体の接着力を弱めるタルカンがまだ付着しているかもしれないからです。第2に、更に重要な機能として、無極性PPプラスチック素材の強力な活性化があります。即ち、表面エネルギーの増幅です。表面エネルギーが高いほど、後続の湿潤効果が強くなります。Openair® プラズマは、表面エネルギーを30mJ/m² 以下から72mJ/m² 超まで増加させ、PURシールがPPに対して、耐久性に優れた、長期間に渡って安定した接着力を持つ前提条件を満たすのです。
プラズマ設備には、比較的広い表面の丁寧な処理のためのロボット制御のローテーションノズルと、複雑な窪み形状の集中処理のための静的ノズルの双方が装備されています。システム全体は、コンピュータ制御により、完全に自動で作動します。ギュータースローにあるミーレ社の産業エンジニアリング部門のプロジェクトマネージャーであるAndreas Landeckはこうコメントしています: 「単純に言うと、一方にメンテナンスの容易性があり、もう一方には完全な処理の安全性があります」。プラズマ設備は、年間46 週間、主に3シフト制で稼働しています。年間、およそ12トンのシール材がプラズマで前処理された表面に塗布されます。Openair® テクニックを用いることにより、ミーレ社製ヒートポンプ式乾燥機には、最低20年の製品寿命が保証されます。

利点

Openair® プラズマにはユーザにとって以下の利点があります:

  • 複雑な窪み形状の選択的前処理
  • 環境に配慮した、残渣の無い、PP 表面の洗浄
  • プライマーを使用せずにPP表面を強力に活性化
  • 二液性PUR発泡体シールの長期間安定した接着力
  • 製品品質の保証
  • 製造処理における100%の安全性
  • メンテナンスが容易


Miele & Cie. KG
www.miele.com

大気圧プラズマ処理で御社製品の可能性をお試しください
プラズマトリートの開発パートナーになりませんか?

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Material World Osaka 2016
Highly-functional Material World, Osaka 2016

2016年10月5日(水)~7日(金)
Hall 6, Booth A-S-488
Intex Osaka, Japan

Language