HELLA 社
Openair®プラズマによる品質保証

自動車用ヘッドライトの製造では、ポリプロピレンの覆いにポリカーボネートレンズを接合するにあたり、非常に高い密閉性を保たなければなりません。微小な隙間があっても湿気が浸入し、ヘッドライトレンズの損傷に繋がり、結果としてライトの放射角が制限されることになります。
オーストラリアにある HELLA社は、ドイツのHella KGaA Hueck & Coの完全子会社ですが、初めての海外工場として50年前に設立されました。この工場では、PP製の覆いの窪みは、2kgのシリコン接着剤を塗布する前に、Openair® プラズマを用いたローテーションノズルを通して洗浄・活性化されています。この作業の間、PPの表面エネルギーは、35Jm/m² から72mJ/m² 超にまで上昇します。こうして接合部の接着力が強化され、完全な密閉性を維持します。RD1004型プラズマノズルの回転により、PPの窪みだけでなく、側面も同時に活性化されます。この処理は、プラズマトリート社が世界中で特許を取得していますが、処理される素材に特に丁寧に作用します。プラズマを放出し、一点にエネルギーを集中させるのではなく、円形に分散させるからです。
これとは別に、HELLA社の主任アッセンブリー・エンジニアDavid Byrneは、特にプラズマトリート社ジェネレーターFG5002Sが実現する処理の高い安全性と再現性を次のように高評価しています。
「ジェネレーターには、PLCコントローラーが装備され、タッチスクリーンにはオペレーティングメッセージ、エラーメッセージが正確に表示されます。我々にとって最も重要なことは、制御システムの上流と下流を信号で繋いでいる点です。」 電流、電圧、周波数、回転数、プラズマ強度、光ファイバー探知、その他の監視機能は、すべて、HELLAの高レベルのセル制御システムにフィールドバス・インターフェースを追加することで変換することが可能です。
「プラズマ活性化の程度と監視機能とエラー診断の正確性は、高品質な製品の生産を約束してくれます。」

利点

Openair® プラズマにはユーザにとって以下の利点があります:

  • 複雑な形状の活性化
  • PP とPCを接合する際の強力な接着性
  • ローテーションノズルを使用した丁寧な前処理
  • 非常に高い処理の安全性と処理の再現性y
  • 生産品質の顕著な向上


Hella Australia Pty Ltd
www.hella.com.au

大気圧プラズマ処理で御社製品の可能性をお試しください
プラズマトリートの開発パートナーになりませんか?

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Material World Osaka 2016
Highly-functional Material World, Osaka 2016

2016年10月5日(水)~7日(金)
Hall 6, Booth A-S-488
Intex Osaka, Japan

Language