GrGriesser社: 世界初公開:オープンエアプラズマを利用したコイルコーティング

 幅わずか2mのプラズマ設備が長さ21mの洗浄ラインに置き換わり、膨大な量の化学薬品を削減します。
スイスにあるグリーサーAG社は、ヨーロッパ有数の日除けシステムの供給者、製造者の1つです。スラット式ブラインドやシャッターの製造に必要なアルミニウム製のコイルは、コイルコーティング手法を用いて工場内で塗装されています。2007年、グリーサー社は、Openair® プラズマを適用し、環境に配慮した、アルミニウムコイルの前処理方法を導入した世界初の会社となりました。

適用例

グリーサー社では、アルミニウム業界で従来から用いられてきた洗浄作業における環境汚染源の化学薬品処理に替わり、プラズマ技術を完全導入しました。その結果、化学薬品処理に比べ、親水性が顕著に向上しました。後者のケースでは、薬品との接触角度は約48°~52°です。一方、Openair プラズマ処理後の接触角度は、わずか18°~28°です。グリーサー社では、コンピュータ制御で制御されたわずか2m x 1.50mの大きさの設備が、長さ60mの洗浄ラインにとって代わりました。工場でのコイルの汚れ程度により、大量の化学薬品と流出水を回避できます。洗浄前プロセスで廃棄物が出ないため、定例的な排水処理での中和が不要となり、部品コーティング工場だけでも、年間20トンのフィルターケーキ(特別廃棄を要する)の差が出ます。従業員も環境に配慮した作業条件を高評価しています。以前、化学薬品による前処理は、作業場で有害な蒸気を発生させ、高温にも繋がっていました。Openair® プロセスの適用のおかげで、コイルコーティングは、今では以前の4倍の速度で行われています。さらに、生産量も倍増しました。
アルミニウムコイルの表面前処理の環境に配慮した新方法を開発したことにより、プラズマトリート社は米国でFTMイノベーション・アワード 2007(FTM INNOVATION AWARD 2007)を受賞しました。一年後、プラズマトリート社とグリーサー社は合同でヨーロッパ・アルミニウム・アワード2008にノミネートされました。

利点

Openair® プラズマにはユーザにとって以下の利点があります:

  • 洗浄工程から完全に化学薬品を排除
  • 年間、数千トンの流出水削減
  • 排水の中和不要、廃棄費用不要
  • 作業場で熱と蒸気を発生させない
  • 生産速度が4倍増
  • 洗浄工程の信頼性と効果向上
  • 親水性が顕著に向上
  • 生産量倍増
  • 生産段階削減
  • 労働力削減
  • 運用コスト削減


Griesser AG
www.griesser.ch

大気圧プラズマ処理で御社製品の可能性をお試しください
プラズマトリートの開発パートナーになりませんか?

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

Glasstec 2016
Glasstec 2016
International Trade Fair for Glass Processing, Production and Products

2016年9月20日(火)~23日(金)
Hall 11, Booth G46
Düsseldorf, Germany

Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Language