Gira: 医療技術におけるOpenair®プラズマ

 写真: Gira
医療機器材に活性化を施すプラズマ照射

医療技術のためのコンポーネントのプラスチック射出成形技術は、非常に高い精巧さと外観のクオリティーが要求されます。具体的なアプリケーション例としては、プラスチック(PC)素材のハイブリッド部品と内部に金属莢(ステンレス)が射出されている部品などから構成される多部品組み立てグループが挙げられます。

心臓手術で血液を送る部分では、両方の材料が完全に密着していなければならず、そこでOpenair®プラズマテクノロジーが決定的な成果を見せてくれました。金属莢は、仕上げの直前にフルオートでプラズマ処理がされています。
この処理のみが、接着時の外部影響、例えば、振動、小気泡、亀裂、無制限の耐水能力を達成しました。消毒殺菌のときは特別に、ごく僅かな粘着性があっても極細毛細管でネガティブな試験結果を招くこともあるので、密閉性が重要となります。以前までの射出成形工程は、非常に小さなプロセスウィンドウでありましたが、プラズマ処理の導入によりかなり大きくなりなプロセスウィンドウで監視ができ、より良い経済性をもたらしてくれました。
テストの段階からプラズマトリート社の装置だけでなく、社員の方々のサポートを受け、オープエアプラズマテクノロジーに決めて正解であったと確信しております。
Alfred A. Bulitz
Managing Director
Gira Giersiepen GmbH & Co. KG

大気圧プラズマ処理で御社製品の可能性をお試しください
プラズマトリートの開発パートナーになりませんか?

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Material World Osaka 2016
Highly-functional Material World, Osaka 2016

2016年10月5日(水)~7日(金)
Hall 6, Booth A-S-488
Intex Osaka, Japan

Language